ドキっとすることを言う。

先週の金曜日、hanaが朝起きるなり

「マミー、オバケいるよ、あそこに」
と、ベッドルームの窓を指差して言った。
やめてくれ~!!
霊が見える子って多いっていうけど。。
でも、hanaはまだ「オバケ」がなんなのか分かっていないはずなんだけどなぁ。。。
お友達の家にある絵本に「オバケ」が出てきたから、まったく知らないわけではないけど。

c0077831_7521320.jpg

プレイグループでドレスを着た。やっぱりピンクヒラヒラ系がいいのね…
ベビーの人形をベッドに寝かせているところ。

そして、この日の朝、いつものようにcbeebiesを見ていると、

「ケリーちゃん、イタイイタイしたのかなぁ。。」
と、肘をさすりながら言った。
cbeebiesのプレゼンターのケリーちゃんは、片腕の肘から下が生まれつき無い。
前のプレゼンターから彼女に替わったとき、多くの親から苦情が来たそうだ。「うちの子が怖がっている」とか。。
「怖がっているからプレゼンターを替えて欲しい」っていうんじゃなくて、まず怖がっているという子供に「怖がる必要はないんだよ」という理由を親は子に教えなくちゃいけないんじゃないの?!
彼女に替わったのは、もう何ヶ月も前のことなんだけど、hanaはケリーちゃんの腕に関して何も言わなかったし、もちろん怖がることもなかったので「まだ気がつかないのかな。。」と思っていたら、やっぱり分かってたんだね。それか最近気づいたのか?!
「ホントだね。イタイイタイしちゃったんだね」って答えてあげた。
五体満足で生まれるって本当にとても有難いことだと思う。
ケリーちゃんをプレゼンターに起用したbbcはえらいよ。NHKが同じことをするかっていうと、、疑問だわ。
日本は、障害をあることを隠したがるような気がするし。実際、cbeebiesには、ダウン症の子や、障害のある子が出てくるコーナーもあって「障害があっても、みんな同じようにお友達なんだよ」っていうことを小さい頃から教育している。日本では、24時間テレビくらい?!チャリティーのためにだけ前面に「障害」を取り上げると、「マイナス」なイメージのほうが大きくなるのではないか、、と思うんだけど。

話がずれた。。。

c0077831_7593072.jpg

ピンクヒラヒラの次は、ドクターになってみた。。

もう一つどきっとした言葉。

今日、寝かしつけているとき、イキナリ言った。
「hanaは女の子、マミーはおじさん!キャハハ~」

。。。

いや、まぁ、、
そりゃおっさんクサイですけど、私。。

「え、マミー、オネエさんじゃないの?」
「マミー、おじさん!」
どきっとしたというか、、、言葉を失いました。。。苦笑
[PR]
by yamomama | 2009-05-25 08:00 | 2歳-2歳半
<< あっという間に2歳半 2歳4ヶ月 >>