39週目

あと1週間!
hanaのときみたく遅れる可能性大だけど。

昨日、恐らく妊婦最後の「公共機関を使っての外出」をした。といっても、うちから徒歩6.7分(今のスピードだと10分くらい)の駅から10分電車に乗って、そこから徒歩4,5分のお友達宅に行っただけだけど。
始めは「やめておこうかな。。。」なんて思ったけど、行ってよかった。久々に会うお友達だったし、他にも久々&初めましてのお友達に会うことが出来て楽しかったし、何よりも安産のために少しくらいは歩かないと!

先ほど撮った写真。
c0077831_18294325.jpg

↓の記事の36週目の写真よりもお腹が少し大きくなって更に前に突き出ているし、若干下がった気がする。

hanaのときの39週目の写真はこれ。
c0077831_736358.jpg

どちらもでっかいけど、やっぱり形が違う。シャツの色のせい?!いや、hanaのときは、もっとお腹全体が丸く出てたと思う。

今回の出産も、hanaを産んだときと同じ病院だけど、その病院内に5月末オープンした「birth centre」で産む予定。2週間前に見学に行ってきたけど、そこは「自宅出産」をコンセプトとした「助産医院」のようなところで、「ナチュラルバース」のみ。つまり、無痛はしない。ガス&エア(笑気ガスみたいなもの)はアリ。
全部で5部屋、うち3部屋は室内に水中出産用のプールがある。どの部屋もホテル並みに綺麗で、病院っぽい雰囲気はゼロ。ベッドも普通のダブルベッドのよう(普通よりも低め)で、ちゃんとベッドカバー、クッションまで置いてあった。ソファーもある。マットも用意出来るらしく、どこでどんな体勢で産んでもいいとのこと。
水中出産用のプールが無い部屋にも、大きな湯船があるので、そこで産んでもいいとのこと。
ただし、あくまでも「自宅出産」がコンセプトなので、そこには産後2-6時間ステイ出来るだけで、泊まれるわけではない。せっかくホテルのような部屋なのに。。
泊まりたい場合や、泊まらなくてはいけない状況の場合は、院内の産科病棟に移されるらしい。
産後6時間って、まだ歩けないよね?!なのに帰らされるってどうよ。。時間帯によっては長くステイさせてくれるらしいけど。
しかも、ドクターと会うことがないので、翌日にベビーを連れてドクターチェックを受けなくてはいけないとのこと。
出産翌日に外出!
こんな感じなので、当然「完璧な妊婦」しか受け付けてくれない。つまり、妊娠中毒症であったり、逆子、前回のお産で何か問題があった、、等の妊婦さんはここで産むことが出来ない。
私は、前回も普通分娩で、今のところ問題なしなので(鉄分不足だけど)一応「ok」が出た。

無痛は出来ないし、泊まれないし、わざわざベビーを連れて翌日に病院に行かなければならないし、BIRTH CENTREで産まないほうがいいんじゃないか、、、って悩んだけど、hanaのときも無痛の注射を打つのが間に合わないくらい急激に子宮口が開いたし、陣痛も気がついたときにはすでに8,9分感覚だったので、今回はもっと早いんじゃないか、、そしたらいっそのこと無痛は諦めて、綺麗な、快適なところでお産をしたほうがいいんじゃないか、、と思い、このセンターで産むことを決めた。水中出産にも興味があったし。
その病院の助産婦である友人の義姉さん曰く、産科病棟にいた優秀な助産婦がみんなbirth centreに移動した、って聞いたし。そこんとも重要。
確かに、見学に行ったとき、みんな良い人だった。なぜか白人イギリス人助産婦が多かった。。

出産の時間によるけど、産科病棟の個室が空いていたら、産後6時間後にはそこに移してもらい、1泊して、ベビーのチェックを受けてから退院しよう、と思っている。

計画通り行かないのがお産なんだけど。。。
c0077831_7112428.jpg

ベビーにチュっ。写真がブレてる&妊娠線が醜いので小さな写真で。。

今回も実家の両親は来ない。hanaのときは、退院したときには既に義理両親が家に来てくれたけど、やっぱり気を使うし、日本の「最低2-3週間は寝て過ごしなさい!」とはまったく違う文化で、産後4日後の晴れた日に「散歩でもしてきたら」って言われたくらいだから、うかうか寝ていられる気分にはなれない。なので、今回は産後2週間後あたりに来てもらう予定。ダンナが2週間の産休を取る予定なので、なんとか二人でがんばろうと思う。
いや、二人で、ではない。
多くのママ友が「何でも言ってね!」と言ってくれている。陣痛が起きたときに、hanaを迎えに行くよ、病院に行くときにうちに来てhanaをみてるよ、退院後もhanaを遊びに連れ出すから休んでて、しばらく料理できないだろうから、何か差し入れ持って行くよ、、とか、とにかく多くの皆さんが優しい手を差し伸べてくれている。
今回はその優しさに本当に甘えさせて頂いて、お友達に協力して頂こうと思う。
海外にいると、みんな家族と離れているという同じ境遇なので、出産時のみに限らず、こうやってみんなで親身に助け合って生活している感じだ。いい友人に囲まれて本当に良かった、幸せなことだと思う。
子育てを楽しめるのも、二人目を産もうと思ったのも、彼女たちのおかげである。本当にありがとう。

無事元気なベビーが生まれますように。。
どんな顔してるのかな~。やっぱりまたガッツかな~。
[PR]
by yamomama | 2010-08-25 07:51 | 3歳半ー4歳
<< 40週! 作品 >>